Auto FTP Upload – オンラインヘルプ

 紹介ページへ戻る

このソフトウェアについて

このソフトウェアは、指定されたフォルダを監視し、ファイルの変更があれば、即座にFTPサーバに反映するソフトです。

制限事項

  • 現在の所、FTPプロトコルのみ対応しています。SFTP、FTPS、SCP等は対応していません。
  • ディレクトリの削除が、正しく動作しないケースがあります。(ディレクトリ内にファイルが残っている場合など)ディレクトリの削除を行った場合は、サーバ側のディレクトリが削除されているかどうか、個別に確認して下さい。

メイン画面

  • 新規追加
    新規登録として、FTPサーバ設定画面を開きます。
  • 複製して追加
    現在選択中のFTPサーバ設定を初期値として、FTPサーバ設定画面を開きます。
  • 設定編集
    現在選択中のFTPサーバ設定を編集する、FTPサーバ設定画面を開きます。
  • 設定削除
    現在選択中のFTPサーバ設定を削除します。
  • 監視開始
    監視を開始し、ファイルの自動アップロードを行います。
  • 監視終了
    監視を終了します。
  • ログクリア
    表示されているログを全てクリアします。
  • メニューバー
    • [ファイル(F)]→[監視開始(S)]
      監視を開始し、ファイルの自動アップロードを行います。
    • [ファイル(F)]→[監視終了(E)]
      監視を終了します。
    • [ファイル(F)]→[終了(X)]
      このプログラムを終了します。
    • [設定(S)]→[起動後すぐに監視開始する(S)]
      チェックをONにすると、プログラム起動時に、すぐに監視開始します。
    • [ヘルプ(H)]→[オンラインヘルプ(H)]
      このオンラインヘルプをブラウザで表示します。
    • [ヘルプ(H)]→[ライセンス(L)]
      登録済みのライセンス情報を表示します。ライセンスの更新も行えます。
    • [ヘルプ(H)]→[バージョン情報(A)]
      このプログラムのバージョン情報を表示します。

FTPサーバ設定

  • 設定名
    識別用の名称を設定します。
  • 監視フォルダ
    監視対象となるフォルダを指定します。
  • 対象拡張子
    監視対象となるファイルの拡張子をカンマ区切りで指定します。
  • FTPサーバ名
    アップロード先のFTPサーバ名を指定します。
  • FTPフォルダ
    アップロード先のFTPフォルダを指定します。
  • ポート番号
    アップロード先のFTPポート番号を指定します。
  • PASVを使う
    アップロード先のFTPサーバにパッシブモードで接続する場合チェックを入れます。
  • アカウント
    アップロード先のFTPアカウント名を指定します。
  • パスワード
    アップロード先のFTPパスワードを指定します。
  • ホストの時差
    ホストが通知する時刻との時差を指定します。
  • テスト
    現在の設定で接続テスト(ファイル一覧取得まで)を行います。
  • 有効
    監視対象に含める場合チェックを入れます。
  • 削除を伝播する
    ファイルやディレクトリの削除も行う場合、チェックを入れます。
  • ディレクトリも処理する
    ディレクトリも処理を行う場合、チェックを入れます。
  • 更新日を確認する
    ファイルが既に存在している場合、更新日時をチェックして、新しければ上書きします。
  • 設定保存
    設定を保存してメイン画面に戻ります。
  • キャンセル
    設定を破棄してメイン画面に戻ります。